TOEICとは、国際コミュニケーションのための英語力を測定する試験で、日本語名になるわけですが、このコミュニケーションは日常会話だけでなく、ビジネスの場にも適応できる英語力を測定する試験となっています。面接などの話す試験はありませんが、聞く、読むという試験があり、2時間で200問もの問題を解き、何点取れるかを見る試験ですので、合否が存在する試験ではありません。だから気楽に受験できるといえば、そうではなく、この得点は履歴書にも記入できますし、会社からの指示で勉強、受験をしている方もいますから、世間で英語力を見る指針となっています。ですから高得点を取れるよう努力することは大切ですし、就職、転職に有利になります。この試験の受験資格はありません。英検も同じですが、年齢制限や学齢制限などの受験資格の制限はありあせんから、誰でも受験ができます。ただし、違反行為をすれば受験資格ははく奪されます。

いかに早く問題を理解するかは大切です

どんなテストでもそうですが、まずは勉強と努力が必要なことが大前提ですが、傾向を知っておくことは高得点を取るのに重要なことです。例えば前半のリスニングの試験は4つのパターンに分かれていますが比較的点数を取りやすいと言われている1と2の写真描写問題、応答問題は確実に点数が取れるように勉強することや、瞬時の判断力を養うことがリスニングでは大切になります。後半の冊子の問題を読むリーディングですが、一つの問題に対し選択肢は4つですから、分からなければ、後で考えるくらいで問題を解いていかなければ、75分という短い時間で100問を解くことはできません。このような計算はあまり意味が無いですが1問45秒で解いてもギリギリになるという事ですから、問題をいかに早く理解して解いていくのかは非常に重要になってきます。

レベルに合わせた目標を立てることが大切です

英検で上の級になれば合格することが難しいように、TOEICで800点を取るのは、非常に高い壁と言われています。これはテクニックだけで、何となる点数ではなく文法、聞く力、読む力だけでなく語彙力が必要になります。つまりより多くの単語を理解していることが大事になります。つまりわかる単語と文章を、より多く理解することで、聞く力、読む力も底上げされるということです。このレベルになれば、普段から英語を使って仕事をしている人がほとんどだと思います。まず目指すなら500点から始めるのが無難だと思います。これは英語を英語のまま理解するというレベルではなく、英語を日本語に変換して考えることができれば点数が取れると言われています。つまり中学で勉強する英語の勉強の仕方を基にすればいいわけです。まずは耳を鍛え、分かる単語を増やしてください。

本校はTOEICのスコアアップをターゲットに絞り、各講師によって練られた無駄のない講義により、効率的に結果を出します。 レベルに応じた授業を実施し、正しい学習法を指導。 当スクールでは、英語のコミュニケーション能力を評価するための試験に対して効果的な対策を行うことができるような講座を開講しています。 TOEICの得点アップを狙うならご相談ください!